セロトニンとサプリメント商品

プラステンアップ 高校生プラステンアップを高校生が飲んでも身長が伸びませんでした

プラステンアップを飲んでも全く身長が伸びなかったと高校生から聞きました。本当に効果があるのか疑問です。

セロトニンとサプリメント商品

最近セロトニンのサプリメントが話題なっているようですが、セロトニンにはどのような効果があるのでしょうか。セロトニンは心のバランスを整える作用のある神経伝達物質で、脳内のホルモンバランスを整えてくれる成分です。セロトニンを摂取することで、脳の働きがよくなり、物事にくよくよしなくなり、集中しやすくなります。精神的なストレスのせいでしっかり眠れないという人にも、セロトニンは役立ちます。精神の均衡を保つ効果がセロトニンにはありますが、年齢を重ねたり、ストレスの強い環境にいると、減少しがちです。セロトニンか足りなくなると、ストレスを感じやすくなってり、不眠や便秘、肌トラブルなどが起きます。とくに女性は、もともと男性の半分程度しかセロトニンがないので、サプリメントで補ってあげたほうが良いといいます。セロトニンはリラックスできる環境に身を置いたり、アロマやハーブ、軽い運動などで増やすことができます。今の人達はストレス過多な社会で生きていますので、セロトニンを摂取することは非常に意味があります。精神や、身体が思うようにいかない原因が、ストレスが多すぎてセロトニンが足りていないからかもしれません。サプリメントを利用してセロトニンを補充することができれば、脳のホルモンバランスを整え、すっきりした気持ちで目の前のことに取り組めます。この頃うまく眠れないという人や、精神的ないらつきがおさまらないという人は、セロトニンサプリメントを使ってみてください。

ストレス解消や不眠の原因となるセロトニン不足を解消できるとして、セロトニンサプリメントが人気です。セロトニンサプリメントを利用するにあたって注意すべき点がいくつかあります。ある程度の量ならば体にいいものですが、一定量を越えると過剰による弊害が起きる可能性があるのは、何もセロトニンだけの話ではありません。一気にセロトニンを取ると、セロトニン症候群と呼ばれる体の不具合が起きることがありますので、用心する必要があります。頭が痛くなったり、くらくらしたり、嘔吐感を感じることがセロトニン症候群の主な症状です。程度が重いと、セロトニン症候群が原因で死につながることもありますので、サプリメントだからといって大量に使うことはできません。体温の上昇や心拍数の増加など、自律神経に悪影響を及ぼすことがあるそうです。セロトニン症候群は、サプリメントなどによってセロトニンを摂り過ぎたことで起こる可能性があるので、過剰摂取にならないようにしましょう。抗うつ剤を服用している上に、セロトニンサプリメントを使っていたことで、過剰症になったという話もあります。うつ病の薬などで病院からもらえる抗うつ剤は、セロトニンの機能を活発にする薬で、最近では珍しいものではありません。普段からセロトニンのサプリメントを飲んでいることに加えて、抗うつ剤の薬も飲むと、セロトニンが多くなりすぎてしまいます。もしも、サプリメントでセロトニンを摂取したいのであれば、正しい使い方で飲むようにしましょう。


先頭へ
Copyright (C) 2014 プラステンアップを高校生が飲んでも身長が伸びませんでした All Rights Reserved.