老化が気になる人にアスタキサンチンサプリメント

プラステンアップ 高校生プラステンアップを高校生が飲んでも身長が伸びませんでした

プラステンアップを飲んでも全く身長が伸びなかったと高校生から聞きました。本当に効果があるのか疑問です。

老化が気になる人にアスタキサンチンサプリメント

年をとっても体が老いないように、アスタキサンチンのサプリメントを使っている人がいます。美容成分として近年注目されている成分であるアスタキサンチンですが、どのような働きをするのでしょうか。カロテノイドの一種であるアスタキサンチンは、エビ、カニ、イクラ、鮭などの食材の赤い色素に存在している栄養成分です。アスタキサンチンは抗酸化力が強い成分であると言われており、活性酸素の増加を防ぐ作用が期待されています。人間は、身体機能を維持するために酸素を体の中に取り入れて、カロリーを燃やしてエネルギーをつくります。この時、体の中に入れた酸素は活性酸素となって、身体の有害物質だけでなく、必要な細胞にもダメージを与えてしまうことがあります。活性酸素の量が多くなりすぎると、細胞が酸化して老化現象が進み、肌が老いたり、内臓機能が低下したりと、様々なトラブルが発生します。老化が気になる人によく利用されているのは、抗酸化力のあるアスタキサンチンのサプリメントというわけです。アスタキサンチンを摂取することで、お肌をきれいにしたり、筋肉の疲労を取り除いたり、免疫機能を高めて病気にかかりにくい体をつくります。アスタキサンチンを含む食材は日常的に摂取できるものが少ないので、食事で確実に取り入れることが難しいものです。最近は、アスタキサンチンを配合したサプリメントがドラッグストアや通販などで販売されていますので、アンチエイジングに興味がある人にはおすすめです。アスタキサンチンだけでなく、様々なアンチエイジングの成分が含まれているサプリメントもありますので、ずっと若さを保ちたいという人におすすめです。

年齢を重ねるにつれ身体の老化は避けがたいことですが、アスタキサンチンである程度抑えられます。生活習慣病の予防、肌やダイエットなど美容効果も期待できる成分であるためサプリメント商品としても人気があります。抗酸化力の強い成分にはビタミンEや、βカロテンが代表的ですが、アスタキサンチンは細胞の膜を抜けて効果を及ぼすという特徴があります。アスタキサンチンは細胞膜を突破する性質があるため、目や、脳の老化予防にも効果があり、目の疲れや、認知症対策にも注目されています。アスタキサンチンの1日の摂取量は3〜6ミリグラムとされており、食品で考えると紅鮭2切れ、エビだと10匹程度が目安になります。紅ザケも、エビも、意図すれば継続的に摂取できる食材ではありますが、毎日紅ジャケを2切れずつ食べていたら、塩分オーバーになってしまいます。塩分は、多くなりすぎないようにすることが大事です。魚介類を料理して食べるとなると、醤油を使用することも多くなり、塩分の摂取量が増えてしまいがちです。アスタキサンチンのサプリメントを用いることで、カロリーや塩分を気にせずに、欲しい栄養素だけを補給できます。アスタキサンチンは、体内に取り入れてから効果を発揮するまでに7時間ほど必要なので、朝と夜にサプリメントを飲むようにするといいでしょう。朝と夜にアスタキサンチンのサプリメントで摂取して、なおかつ食事中か食後に摂取すると、一番効率よく吸収できます。アスタキサンチンは水に溶けず、油分に溶け出す性質がある成分ですので、食事をしている時や、食事が終わってすぐの摂取がおすすめのタイミングです。


先頭へ
Copyright (C) 2014 プラステンアップを高校生が飲んでも身長が伸びませんでした All Rights Reserved.